ブログの運用方針

はじめに

このブログでは「ナンピン戦略について真面目に考察する」をテーマに、ナンピン戦略の検証を行っています(まだ何もしてないけど)
また実際にナンピン戦略を使用し利益をあげていくことも目標にしています。

今回は私がブログを始めることにした理由と、今後の方針についてお話したいと思います。

なんでナンピン?

まず最初に断っておきたいのですが、私は普段の取引ではナンピンを使用しません。
なぜならもっと儲かる手法を持っているからです。

そもそもナンピンというのはDDは大きくなるわ利益率は下がるわの非効率極まりないものです。
こんなことするくらいならさっさと損切って次のチャンスを狙った方がよっぽどいいと思います。

・・・でもね、人間心理というのは本当複雑怪奇なものなんです。
効率が悪いと分かっている手法なのに何らかのタイミングで突然それをやりたくなってしまうんです。

これはもう定期的に症状が現れる持病です、治せません。
私の場合、以下のような取引に対する抗いがたい欲求が起こります。

・急落時のナンピン買い
日経平均が連日大きく下げた時、「ここらへんでナンピン買い下がりすればいずれリバウンドして爆益が出る!」

・長期的なスワップ金利狙い
「高金利通貨が安くなってるからここが底だろう」
「スワップ目的で保有しとけば放ったらかしで利益出るじゃん、ラッキー」

・優待株や食品キャンペーン
トレーディングで利益出してスーパーで買えばいいだけなのに、送られてくると何か”特別”な感じがする。

どれもたいしたパフォーマンスが出ないことは分かっているのに、症状が出た時には上手くいった場面ばかり浮かんできて周りが見えなくなってしまうんです。

治療法

症状が出ても2,3日放っておけば冷静に戻るんですが、その時はもう禁断症状で苦しいんです。
「あぁ値ごろ感で買いたい・・・喉から手が出るほど優待がほしい・・・」てな感じです。

私は定期的にやってくるこのウイルスを何とか撃退したいと思いました。
ウイルスを撃退するために私が出した結論、それは「あえて小額で取引すればいい」というものでした。

インフルエンザワクチンの理論ですね。
不活性化させたウイルスを体の中に入れることで免疫をつけるのと同じで、小額で常に取引をしていれば取引をしたくなる衝動に駆られることもなくなるだろうという目論見です。

でもただ取引するだけじゃつまらないので、せっかくならブログに記録書いて戦略をより効率的にするための方法を研究してみようと思いました。
今までブログはもちろんmixiやFacebookなどもしたことがないので、ちょうどいい機会だと思いました。

そしてWEBを検索してみると、ナンピンについて具体的に検証している人が見当たらなかったのでひとまずナンピンをメインテーマにすることにしました。

このブログの未来

以上がこのブログをはじめた理由の全てです。
こんなくだらない考えで始めたブログですが、せっかくやるからには読者に少しでも有益な記事を書きたいと思っていますし、実際の運用でもパフォーマンスを限界まで高めたいと思っています。

とりあえずの方針としては、ナンピン戦略の検証を主軸としつつ実際に運用を行い、定期的に記録を公開していきたいと思います。
その他にも上記に挙げたようなテーマで書きたい時に書きたいことを書きたいように綴っていくつもりです。

SEO的には一つのテーマに絞って書くのが良いそうですが、単なる趣味の延長としてやっているだけなので一貫性がなくても別にいいと思っています。

こんな感じでゆる~く続けていきたいと思います。どうぞ末永くお付き合いください。

書評
FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用 (現代の錬金術師シリーズ)
Amazonで詳細を見る
FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用
結喜たろう(著),北山広京(監修)
★★★★☆(4/5)
FXを初めた頃に誰もが陥る罠がいくつかあります。
「高金利通貨を保有してほったらかしでスワップを受け取ろう」というのもそのうちの一つです。
リーマンショック前までは非常に人気のあったスワップ派はその後の暴落で壊滅的な打撃を受けました。
本書は大多数が行っていたスワップ戦略は誤った認識に基づく手法であると主張し、金融工学の知識を使った正しいやり方について教えてくれます。
「スワップを収益の源泉とするためにはリスク(変動)は最小化するべき、そのために何をすればいいのか」ということを、標準偏差、相関係数、モダンポートフォリオという考え方を使って丁寧に解説しています。
本書を購入した読者はパンローリングのWebサイトから「リスク分析ツール」というソフトをDLでき、本書で学んだ内容を実運用に落とし込めるようになっています。
このソフトはEXCELで作られているのですが、私は始めてこれを見たときに「EXCELでここまでできるのか!」と非常に感動しました。それくらいよくできています。
書籍とほぼ同じ内容のHPがありますので、一度見てみると良いと思います。
「スワップ派のためのFXポートフォリオ」

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

   
ブログの運用方針
ページ先頭へ