ナンピン幅は何を基準に決めればいいのか

6通りの方法

ナンピンを行う際、その間隔はどんな方法を採用するべきでしょうか。
今回は検証に入る前に考えを整理しておきたいと思います。

ナンピン幅として使用できそうなものをいくつか挙げてみます。

1.固定pips

USDJPYなら1円ごと、EURUSDなら0.1$ごとなど、決められた金額でナンピン幅を設定します。
固定pipsでナンピンした場合の結果はこちら

2.経過時間

期間を等間隔にしてナンピンしていきます。
経過時間でナンピンした場合の結果はこちら

3.エントリー金額に対するパーセンテージ

エントリー価格に%をかけてナンピン幅を決めます。pipsよりも若干柔軟性がありそうです。
エントリー価格 × Y%でナンピンした場合の結果はこちら

4.ATR(Average True Range)

ナンピン幅にボラティリティの影響を加味しようという作戦です。
ATRを基準にナンピンした場合の結果はこちら

5.標準偏差


ATRと似たような結果になると思いますが、より厳密にボラティリティを考慮するという意味でこちらを使うべきかもしれません。
標準偏差を基準にナンピンした場合の結果はこちら

6.ボリンジャーバンド

ちょっと変り種かもしれません。バンド幅を基準にナンピンしていきます。
ボリンジャーバンドを抜けるたびにナンピンした場合の結果はこちら

これくらいあれば十分かと思います。

検証結果
 ↓↓↓
・まとめ1
・まとめ2
・金・原油・ダウ・日経の検証

何で効果を測るか

それぞれの方法を比較するに当たって注目するべき点は以下の2つです。

1.復帰は早い方がいい

前回の記事に書いたように、このブログではナンピンの目的を含み損からの脱出においています。
できるだけ早く復帰できるほど優位とします。

2.ナンピン回数は少ない方がいい

資金が無限にあるのであれば非常に狭い間隔でナンピンしていけばそれだけ復帰も早くなります。
しかし現実にはナンピン回数には限りがありますし、それは少ないほうがいいでしょう。

バックテストのルール

エントリーはロングとショートを交互に行い、終値が含み損を解消できる位置になればリセットとします。

例  4日間の終値が100,101,102,101の場合
1日目 100でロング
2日目 終値が101なっているのでロングをリセット。同時に101でショート
3日目 終値が102になっているのでリセットしない
4日目 終値が101になっているのでショートをリセット、同時に101でロング

実際に運用する際には高値安値を考慮するべきですが、今回はナンピン幅の基準によって日数がどう異なるかを見たいので、突発的な髭の影響を避ける意味で終値が戻るか否かで判断します。
→高値安値を考慮した検証結果はこちら

復帰のスピードとナンピン回数は反比例の関係にありそうですが、うまく着地点が見つかるでしょうか。
次回以降検証していきたいと思います。

書評
FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用 (現代の錬金術師シリーズ)
Amazonで詳細を見る
FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用
結喜たろう(著),北山広京(監修)
★★★★☆(4/5)
FXを初めた頃に誰もが陥る罠がいくつかあります。
「高金利通貨を保有してほったらかしでスワップを受け取ろう」というのもそのうちの一つです。
リーマンショック前までは非常に人気のあったスワップ派はその後の暴落で壊滅的な打撃を受けました。
本書は大多数が行っていたスワップ戦略は誤った認識に基づく手法であると主張し、金融工学の知識を使った正しいやり方について教えてくれます。
「スワップを収益の源泉とするためにはリスク(変動)は最小化するべき、そのために何をすればいいのか」ということを、標準偏差、相関係数、モダンポートフォリオという考え方を使って丁寧に解説しています。
本書を購入した読者はパンローリングのWebサイトから「リスク分析ツール」というソフトをDLでき、本書で学んだ内容を実運用に落とし込めるようになっています。
このソフトはEXCELで作られているのですが、私は始めてこれを見たときに「EXCELでここまでできるのか!」と非常に感動しました。それくらいよくできています。
書籍とほぼ同じ内容のHPがありますので、一度見てみると良いと思います。
「スワップ派のためのFXポートフォリオ」

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

   
ナンピン幅は何を基準に決めればいいのか
ページ先頭へ