ヒロセ通商からカレーが届きました

はじめに

LIONFX

ヒロセ通商が毎月やっている「小林芳彦氏に期間獲得累計pipsで勝てば商品プレゼント」というキャンペーンに参加しました。
記念すべき第一回目のブログ記事は、キャンペーンでもらったLIONカレーについて書くことにします。

中身紹介

今回は4種類のカレーとごはん4パックが入っていました。

curry

ごはんまでついているなんて気が利いています。
ごはんの賞味期限が年末までとちょい短め・・・在庫がたくさんあったんでしょうか(笑)

初めてヒロセ通商のキャンペーンに参加した感想

このキャンペーンは確定したpipsで勝てばプレゼントがもらえるんですが、小林さんは累計マイナスっていう月がかなり多いみたいですね。

ナンピン戦略では確定pipsがマイナスになることがないので(DD抱えて実質マイナスという状態ですが)普通に取引していればそこそこの確率で勝てると思います。
初めて参加したので憶測ですが・・・

この方が曲がり屋というより、必ずエントリーしてデイトレ決済という暗黙?のルールがあるんだと思います。

ヒロセ側も本気で勝負させる気はなくて、競争意識で取引量が増えるからやっているんでしょう。実際私も増やしました。
人間心理ってなかなか抵抗できないですね。

次回の抱負

今月も勝てるといいですが、私のナンピン戦略は少ない利幅を小刻みに取っていくスタイルなので大きなトレンドが出てそれを取られてしまうとたぶん負けます。
私に限っては「Trend is my friend」ではないんです。

12月は冷凍ピザがもらえるみたいですね、勝てるといいなぁ。

piza

   ↓↓↓
退場まで追い込まれました

書評
FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用 (現代の錬金術師シリーズ)
Amazonで詳細を見る
FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用
結喜たろう(著),北山広京(監修)
★★★★☆(4/5)
FXを初めた頃に誰もが陥る罠がいくつかあります。
「高金利通貨を保有してほったらかしでスワップを受け取ろう」というのもそのうちの一つです。
リーマンショック前までは非常に人気のあったスワップ派はその後の暴落で壊滅的な打撃を受けました。
本書は大多数が行っていたスワップ戦略は誤った認識に基づく手法であると主張し、金融工学の知識を使った正しいやり方について教えてくれます。
「スワップを収益の源泉とするためにはリスク(変動)は最小化するべき、そのために何をすればいいのか」ということを、標準偏差、相関係数、モダンポートフォリオという考え方を使って丁寧に解説しています。
本書を購入した読者はパンローリングのWebサイトから「リスク分析ツール」というソフトをDLでき、本書で学んだ内容を実運用に落とし込めるようになっています。
このソフトはEXCELで作られているのですが、私は始めてこれを見たときに「EXCELでここまでできるのか!」と非常に感動しました。それくらいよくできています。
書籍とほぼ同じ内容のHPがありますので、一度見てみると良いと思います。
「スワップ派のためのFXポートフォリオ」

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

   
ヒロセ通商からカレーが届きました
ページ先頭へ