例の病気が再発しました

原油ウイルス

以前の記事で書いていた持病が出ました(笑)
原因は昨年秋からずっと下落傾向の原油です。

1671 WTI原油価格連動型上場投信のグラフを見ると、価格が6ヶ月で半値近くになっています。
Yahoo!ファイナンスより5年チャート
1671

そしてここ数週間は下落がさらに加速し、最安値更新が続いていました。
私の中では「さすがに下げすぎだしそろそろ反発するかも・・・もしまた下がってもETFならずっと持っていれるし買いたいなー」という気持ちが徐々に高まっていきました。

そして来たる1/14、気持ちが爆発しました。
衝動的に1671を3705円で10口買ってしまったのです。

「下がっている原因を調べず、出口戦略もないまま単なる値ごろ感で買う」というトレーダーにあるまじき行為ですが、買いました。
そして今のところExitの条件も決めていません、我ながらあきれます。

これから

購入したことで少し冷静になれましたので、これからExitやナンピンの方針を決めたいと思います。
また、今回の原油のような指数についてもブログで分析していこうと思います。

今のところ調査しようと考えているのは次のようなことです。

・1671の出口戦略とナンピン基準(これまでのナンピン分析と同様に、ナンピン幅をどう決めるべきか検証する)
・商品や株価指数、FXのボラティリティの比較
・FXよりETFの方がナンピン戦略に向いているのではないか
・ナンピンするのに最適なETFはどれか

以上です。

書評
現代ポートフォリオ理論講義
Amazonで詳細を見る
現代ポートフォリオ理論講義
根岸康夫(著)
★★★★☆(4/5)
(編集中...)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

   
例の病気が再発しました
ページ先頭へ