例の病気が再発しました

原油ウイルス

以前の記事で書いていた持病が出ました(笑)
原因は昨年秋からずっと下落傾向の原油です。

1671 WTI原油価格連動型上場投信のグラフを見ると、価格が6ヶ月で半値近くになっています。
Yahoo!ファイナンスより5年チャート
1671

そしてここ数週間は下落がさらに加速し、最安値更新が続いていました。
私の中では「さすがに下げすぎだしそろそろ反発するかも・・・もしまた下がってもETFならずっと持っていれるし買いたいなー」という気持ちが徐々に高まっていきました。

そして来たる1/14、気持ちが爆発しました。
衝動的に1671を3705円で10口買ってしまったのです。

「下がっている原因を調べず、出口戦略もないまま単なる値ごろ感で買う」というトレーダーにあるまじき行為ですが、買いました。
そして今のところExitの条件も決めていません、我ながらあきれます。

これから

購入したことで少し冷静になれましたので、これからExitやナンピンの方針を決めたいと思います。
また、今回の原油のような指数についてもブログで分析していこうと思います。

今のところ調査しようと考えているのは次のようなことです。

・1671の出口戦略とナンピン基準(これまでのナンピン分析と同様に、ナンピン幅をどう決めるべきか検証する)
・商品や株価指数、FXのボラティリティの比較
・FXよりETFの方がナンピン戦略に向いているのではないか
・ナンピンするのに最適なETFはどれか

以上です。

書評
わが子と考えるオンリーワン投資術 (ウィザードブックシリーズ)
Amazonで詳細を見る
わが子と考えるオンリーワン投資法
ジョン・モールディン(著),関本博英(訳)
★★★☆☆(3/5)
見た目に反して(?)なかなか面白かったです。
10人の金融関係者が自身の専門分野について自由に語るというインタビュー集のような内容となっています。
トレーディングにおいて守るべきルールを語る人、「○○という指数を使えば優位性がいかに上がるか」を資料を交えて説明する人、学術的な観点から投資に役立つ現実的なアドバイスをしてくれる人などそれぞれのテーマは多岐にわたります。
個人的には、国債先物のトレードでもレバレッジをかけることで大きな利益を上げられるが、それをパーティで話しても周りは株の話じゃないので食いつかなかった(アメリカ人は債券より株が好き)というエピソードが印象に残りました。
この本の内容が直接利益に結びつくことはないでしょうが、軽い読み物としては楽しめるんじゃないかと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

   
例の病気が再発しました
ページ先頭へ