原資回復ゲーム

~目次~

確定申告

平成26年分の確定申告の準備をする中で、ブログのネタに始めた運用でいくら失ったのか計算しました。

例の事件が起きるまでの利益が198,013円、そして被った損失が-652,484円。
差し引き-454,471円です!!

あくまでもブログ用のトレード結果なのでその他の取引では利益が出ていますが、あらためて数字で見ると泣きたくなります。
それまでは20万円近く利益が出ていたのに、円安誘導で死にました。

ただ負けたのは私の戦略が悪かったせいです。
もし何とか助かっても同じ方法を続けていればいずれは破滅していたと思います。

例えば昨日、スイス国立銀行によるEURCHF防衛ライン撤廃発言がありました。
そこでのCHFJPY

CHFJPY

何すか、この動き。これ日足ですよ?(笑)
EURCHFチャートを見るともっとひどいです。

EURCHF

あの日に破綻しなくてもたぶんここで死んでいたと思います。

宣誓

今は破綻した教訓を生かすべく新たなナンピンロジックを作成しているところです。

そしてそれとは別に最近原油ETFを買ってしまいました。
ちょうどいいタイミングなので、これより奪われた資金を取り返しにいくことをここに誓いたいと思います。

市場への原資回復宣戦布告です。

元々このブログ用に用意していた資金は100万円
そこからトータルで454,471円負けている状況なので原資545,529円で100万円の到達を目指します。

それでは!まずは現在の保有状況から!

1671 3705円×10口→3680円

よって・・・250円の含み損となります。
頑張っていきましょう。

書評
わが子と考えるオンリーワン投資術 (ウィザードブックシリーズ)
Amazonで詳細を見る
わが子と考えるオンリーワン投資法
ジョン・モールディン(著),関本博英(訳)
★★★☆☆(3/5)
見た目に反して(?)なかなか面白かったです。
10人の金融関係者が自身の専門分野について自由に語るというインタビュー集のような内容となっています。
トレーディングにおいて守るべきルールを語る人、「○○という指数を使えば優位性がいかに上がるか」を資料を交えて説明する人、学術的な観点から投資に役立つ現実的なアドバイスをしてくれる人などそれぞれのテーマは多岐にわたります。
個人的には、国債先物のトレードでもレバレッジをかけることで大きな利益を上げられるが、それをパーティで話しても周りは株の話じゃないので食いつかなかった(アメリカ人は債券より株が好き)というエピソードが印象に残りました。
この本の内容が直接利益に結びつくことはないでしょうが、軽い読み物としては楽しめるんじゃないかと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

   
原資回復ゲーム
ページ先頭へ