原資回復ゲーム

~目次~

確定申告

平成26年分の確定申告の準備をする中で、ブログのネタに始めた運用でいくら失ったのか計算しました。

例の事件が起きるまでの利益が198,013円、そして被った損失が-652,484円。
差し引き-454,471円です!!

あくまでもブログ用のトレード結果なのでその他の取引では利益が出ていますが、あらためて数字で見ると泣きたくなります。
それまでは20万円近く利益が出ていたのに、円安誘導で死にました。

ただ負けたのは私の戦略が悪かったせいです。
もし何とか助かっても同じ方法を続けていればいずれは破滅していたと思います。

例えば昨日、スイス国立銀行によるEURCHF防衛ライン撤廃発言がありました。
そこでのCHFJPY

CHFJPY

何すか、この動き。これ日足ですよ?(笑)
EURCHFチャートを見るともっとひどいです。

EURCHF

あの日に破綻しなくてもたぶんここで死んでいたと思います。

宣誓

今は破綻した教訓を生かすべく新たなナンピンロジックを作成しているところです。

そしてそれとは別に最近原油ETFを買ってしまいました。
ちょうどいいタイミングなので、これより奪われた資金を取り返しにいくことをここに誓いたいと思います。

市場への原資回復宣戦布告です。

元々このブログ用に用意していた資金は100万円
そこからトータルで454,471円負けている状況なので原資545,529円で100万円の到達を目指します。

それでは!まずは現在の保有状況から!

1671 3705円×10口→3680円

よって・・・250円の含み損となります。
頑張っていきましょう。

書評
FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用 (現代の錬金術師シリーズ)
Amazonで詳細を見る
FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用
結喜たろう(著),北山広京(監修)
★★★★☆(4/5)
FXを初めた頃に誰もが陥る罠がいくつかあります。
「高金利通貨を保有してほったらかしでスワップを受け取ろう」というのもそのうちの一つです。
リーマンショック前までは非常に人気のあったスワップ派はその後の暴落で壊滅的な打撃を受けました。
本書は大多数が行っていたスワップ戦略は誤った認識に基づく手法であると主張し、金融工学の知識を使った正しいやり方について教えてくれます。
「スワップを収益の源泉とするためにはリスク(変動)は最小化するべき、そのために何をすればいいのか」ということを、標準偏差、相関係数、モダンポートフォリオという考え方を使って丁寧に解説しています。
本書を購入した読者はパンローリングのWebサイトから「リスク分析ツール」というソフトをDLでき、本書で学んだ内容を実運用に落とし込めるようになっています。
このソフトはEXCELで作られているのですが、私は始めてこれを見たときに「EXCELでここまでできるのか!」と非常に感動しました。それくらいよくできています。
書籍とほぼ同じ内容のHPがありますので、一度見てみると良いと思います。
「スワップ派のためのFXポートフォリオ」

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

   
原資回復ゲーム
ページ先頭へ