tanaka_EA1

報告です。

ナンピン戦略を利用したEAを作成すること3ヶ月…未だに完成しておりません(笑)

当初はナンピンとその周辺の知見だけで勝つことを目指していましたが、

それだけで市場のランダム性に勝つのはかなり難しいと感じています。

やはり何らかのアノマリーを利用するしかないと思いますが、

そうなるとそもそも「ナンピンで勝つ」というテーマと矛盾してるのでは…

の堂々巡りで未だ納得のいくものができていません。

ナンピンEAの完成までまだまだかかりそうですが、

それまで何の報告もできないのは心苦しいので

別ロジックで構築したEAのフォワードテストを掲載しておきたいと思います。

ロジックと言っても、成績が地味でお蔵入りになった

ものを複数組み合わせているだけですが。

利益が出たら自慢します。出なかったら…記録消してなかったことにします(笑)

EAごとに同じペアを逆方向にポジることがあるのでOANDAではなく

FXCMで動かしています(OANDAは両建てできない)

動かしている口座をmyfxbookとfx-onに連携しました。

連携したのが初めてなので、それぞれの動作テストも兼ねています。

今後ともよろしくお願いします。

2015/8/25追記

トータル損益+1,153円で撤退することにしました。

myfxbookとfx-onのキャプチャーを載せておきます。

最後に手動で全決済したせいかmyfxbookが「Track Record Not Verified」に、 fx-onのグラフが前日までの表示で止まっています。

myfxbook1

myfxbook2

fx-on

書評
道具としてのファイナンス
Amazonで詳細を見る
道具としてのファイナンス
石野雄一(著)
★★★★☆(4/5)
私が経済学部生だった頃、ファイナンスの授業で教科書として使われていました。
当時の先生が「これほど分かりやすいファイナンス本は今までなかった」と絶賛していたのをよく覚えています。
凡庸な生徒だった私に「ブラック=ショールズ・モデルなんて簡単だ」と錯覚させるくらい分かりやすい説明で、
現在価値とは何か、リスクの定義、分散投資の考え方、企業価値評価、最適資本構成、債券、デリバティブまで幅広い知識を教えてくれます。
しかしまえがきにもあるように、この本はビジネスパーソン向けに表層的な知識を噛み砕いて説明するために書かれた本です。
厳密にファイナンスを学びたい方や、実務に組み込みたいような方にはもっと適切な本があると思います。
あくまでもファイナンスを学ぶためのとっかかりとして読むのが正解だと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

   
tanaka_EA1
ページ先頭へ