tanaka_EA1

報告です。

ナンピン戦略を利用したEAを作成すること3ヶ月…未だに完成しておりません(笑)

当初はナンピンとその周辺の知見だけで勝つことを目指していましたが、

それだけで市場のランダム性に勝つのはかなり難しいと感じています。

やはり何らかのアノマリーを利用するしかないと思いますが、

そうなるとそもそも「ナンピンで勝つ」というテーマと矛盾してるのでは…

の堂々巡りで未だ納得のいくものができていません。

ナンピンEAの完成までまだまだかかりそうですが、

それまで何の報告もできないのは心苦しいので

別ロジックで構築したEAのフォワードテストを掲載しておきたいと思います。

ロジックと言っても、成績が地味でお蔵入りになった

ものを複数組み合わせているだけですが。

利益が出たら自慢します。出なかったら…記録消してなかったことにします(笑)

EAごとに同じペアを逆方向にポジることがあるのでOANDAではなく

FXCMで動かしています(OANDAは両建てできない)

動かしている口座をmyfxbookとfx-onに連携しました。

連携したのが初めてなので、それぞれの動作テストも兼ねています。

今後ともよろしくお願いします。

2015/8/25追記

トータル損益+1,153円で撤退することにしました。

myfxbookとfx-onのキャプチャーを載せておきます。

最後に手動で全決済したせいかmyfxbookが「Track Record Not Verified」に、 fx-onのグラフが前日までの表示で止まっています。

myfxbook1

myfxbook2

fx-on

書評
わが子と考えるオンリーワン投資術 (ウィザードブックシリーズ)
Amazonで詳細を見る
わが子と考えるオンリーワン投資法
ジョン・モールディン(著),関本博英(訳)
★★★☆☆(3/5)
見た目に反して(?)なかなか面白かったです。
10人の金融関係者が自身の専門分野について自由に語るというインタビュー集のような内容となっています。
トレーディングにおいて守るべきルールを語る人、「○○という指数を使えば優位性がいかに上がるか」を資料を交えて説明する人、学術的な観点から投資に役立つ現実的なアドバイスをしてくれる人などそれぞれのテーマは多岐にわたります。
個人的には、国債先物のトレードでもレバレッジをかけることで大きな利益を上げられるが、それをパーティで話しても周りは株の話じゃないので食いつかなかった(アメリカ人は債券より株が好き)というエピソードが印象に残りました。
この本の内容が直接利益に結びつくことはないでしょうが、軽い読み物としては楽しめるんじゃないかと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

   
tanaka_EA1
ページ先頭へ