4時間足でナンピン幅を検証してみる

ナンピン分析の前提として、このブログでは日足を対象に検証を進めてきました。

その理由として、以前にこんなことを書いていました

FXは相対取引のためブローカーによって価格が違います。

日足を使うことによってその影響を極力減らし、

データ提供元が違っても同じような分析結果になることを期待します。

たしかにこれも理由の一つなのですが、実はそれ以外に非常に大きなわけがあります。

私は日足以下の足はナンピン戦略にとってかなり鬼門であると思っています。

なぜなら、時間帯によって値動きの質が明らかに異なるからです。

「為替 時間帯」などで検索すると、時間帯によって値動きに差が出ると書かれているサイトがたくさんヒットすると思います。

アジア時間はボラティリティが低いだとか、ロンドン時間は相場の流れが変わる・・・など。

もっと深く掘り下げると、ある時間帯で非常に特長的なアノマリーが存在したり、そうした日中のリズムを利用して利益を上げている人も見つかるでしょう。

もちろん月・年単位でも同じように季節性が存在するのですが、時間帯によるそれは毎日起こる分影響が大きいのです。

なので日足以下の時間帯でこれまでと同じようにナンピン幅を検証することはあまりしたくありませんでした。

しかしものは試しです、今回は4時間足での検証となります。

検証のルールです。

・対象期間:2005/02/01~2015/01/31

・対象通貨ペア:USDJPY,EURUSD,AUDJPY,GBPUSDの4ペア

・データ元:FXCM(データが抜けてたりおかしな部分は若干修正しています)

・スプレッドはこれまでと同じです。

・エントリーはランダムに行い、高値安値が含み損を解消できる位置になればリセットとします。

・エントリーは毎回同じロットです。

・ナンピンの可否は終値で行います

・2015/01/31時点でポジションを抱えている場合はそこでExitしたと仮定して計算します。

ランダムエントリーですが今回も一発撮りです。

最大ポジション数マイナス1が最大ナンピン回数で、パラメータとの関係が滑らかなほど扱いやすい戦略と考えます。

それでは見ていきましょう。

【USDJPY】

USDJPY H4

【EURUSD】

EURUSD H4

【AUDJPY】

AUDJPY H4

【GBPUSD】

GBPUSD H4

いかがでしょうか?

私は当初、「固定pips」と「エントリー価格×%」以外は日中のリズムに影響を受けるため参考にならないと思っていました。

分析の結果を見ると、やはり購入単価×%でのナンピンが一番扱いやすいと思います。

前回の結果から、日足のナンピン幅は期間もしくは%がコントロールしやすいことが分かっていますので、

基準を一つだけ選ぶとすれば%になるのかもしれません。

次回は1時間足での検証を行います。

書評
エビデンスに基づく株式投資(EBI)のすすめ(東大卒医師が教える科学的「株」投資術 復刻版)
Amazonで詳細を見る
エビデンスに基づく株式投資(EBI)のすすめ
KAPPA(著)
★★★★★(5/5)
旧題は『東大卒医師が教える科学的「株」投資術』というちょっと怪しげなタイトルでした。
紙の方は絶版となりましたが著者本人がKindleで出しています。
プレミアムがついてAmazonマーケットプレイスで一時期40倍くらいの値段になったそうです、超成長株です。
内容は各種論文で発表された検証データ(エビデンス)から有効であることが分かっている事象(ex.低PER戦略)を組み合わせて投資しましょうというものです。
過去の検証データから導かれた法則に従って投資するという部分はシステムトレードそのものでは?と思うのですが、著者自身はブログでシステムトレードに関しては興味がないと言っています→医学と投資についての随想 (KAPPA)
科学的に調査・公表されたものでなければ信用してはいけないということですね…厳しいです(笑)
本書で紹介されている方法はリーマンショックではあまり力を発揮できなかったらしく、その後は「週末投資家のためのカバード・コール 」「超・株式投資」とオプション売買に移行されています。
また、ちょっと前まで「EBIのすすめ」という書籍と同じ内容のブログがあったのですが閉鎖してしまいました。私は当時からファンだったので全ページ印刷して今でも大切に持っています。
ジャンルとしてはバリュー株投資になると思いますが、巷に溢れている「ウォーレン・バフェットが…」「PERを見れば…」などと言うだけの本とはレベルが違います。
ぜひ一読されることをおススメします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

   
4時間足でナンピン幅を検証してみる
ページ先頭へ